紅白・5本の結び切りの熨斗

どんな時に使えばいい?

熨斗袋で、紅白の5本の結び切りは、どんな時に使うのか。ズバリ、お見舞い、快気内祝です。 まず、紅白の水引なので慶事用です。祝い事や、お見舞いなど全般に使用されます。次に水引の結び方である「結び切り」ですが、結び切りは中央で固く結ばれた水引が上を向いているので、ほどくことが難しいことから、一度限りとか、繰り返すことのないように、という意味合いがあります。ですから用途としては、結婚祝いや快気内祝、お見舞いなど何度もあってほしくないことになります。 では、5本結びの意味はというと、5本の水引は手の指を表しているといわれています。左側からの5本の水引は贈る側の手、右側からの5本の水引は贈られる側の手で、真ん中で互いの手を握り合い結び合う形を表しているとされています。 ただし結婚祝いや結婚内祝いの水引の本数は、5本結びではなく10本結びを使用し、両家が手を結び合うという意味があります。

熨斗袋の水引の結び方

熨斗袋というと、赤なら慶事に、黒なら弔事に使用することはわかっています。でも、熨斗袋にプリントされている水引の結び方の意味などにはあまり気を使いません。どれでも一緒と思って使用すると、知らず知らずのうちにマナー違反をしているかもしれません。

水引の結び方は、基本3種類です。花結び(はなむすび)、結び切り(むすびきり)、鮑結び(あわびむすび、あわじむすび)です。結び方にはそれぞれ意味合いがあり、花結びは蝶結びともいわれますが、ほどいて結び直すことができることから何度でも嬉しい縁起事のみ使用されます。結び切りは、中央で固く結ばれていてほどくことが難しいことから、一度限りという意味合いがあります。鮑結びは、結び切りと同様に一度限りの意味合いがあり、こちらは水引の端を引っ張ると固く結ばれるので、結びつきを固く末永いお付き合いをという意味合いもあります。