紅白・蝶結びの熨斗

由緒ある熨斗の由来と種類

熨斗は、もともと縁起がいいと言われる鮑を干したものを平に伸ばした「伸し鮑」を贈答品につけていたものです。現在多く使われているのし紙の右上に印刷されている紙を折りたたんで中に細い棒のようなものが入っている図柄がこの伸し鮑にあたります。いわゆるのし紙はこの熨斗と水引を組み合わせたものです。のし紙の水引には主に慶事用の紅白と弔事用の黒白があり、弔事用には伸し鮑がついていないのが一般的です。水引の結び方には、結びきりと蝶結びの2種類があります。結びきりは婚礼関係などで簡単に解けないようにとの思いが込められ一度きりのことに使われます。蝶結びは何度でも結び直せるということから何度繰り返してもよいお祝いごと全般などに使われます。

用途の広い紅白蝶結びの熨斗

そのため紅白の蝶結びののし紙を使うシーンはとても多くなっています。結婚以外のお祝いごとやお中元やお歳暮等の贈答品、あるいはお礼やご挨拶の品などを贈る時にも広く使われています。
内祝いで紅白蝶結びの熨斗を使うのは、出産内祝いや新築や引っ越しのお祝いをもらった時のお返し、あるいは開店祝いのお返しなどです。ほかにも何か良いことがあってお祝いをいただいてお返しをする時にも使います。お返しという言葉は失礼にあたるという考えがあるので、お祝いのお返しにはすべて内祝いとなります。
ただし内祝いのなかでも、病気などがよくなった時にお見舞いをいただいていた方に贈る快気祝いには、二度と病気を繰り返さないという願いがあるので、結びきりの熨斗が使われます。