内祝いの金額相場

目安を知って対応しよう

内祝いを頂く機会は多く気持ちに感謝しながらも、お返しするときの金額に悩むこともよくあります。多すぎてもいけませんし、少なすぎてもいけないということで、さじ加減を考えて返す必要があります。一般的には三分の一から半返しで選ぶことが多く、金額が大きい場合には三分の一ぐらいにしておくと良いとされています。とはいえ、金額が少なめでお祝いを頂いたときにも悩んでしまいがちなのですが、そのときも基本的にはお祝いしてくださった気持ちに対して感謝を返すということでお返しをしていきます。ちょっとしたものでも構いませんので、「お祝いしてくれてありがとう」と簡単なものを添えながら伝えてみることで、相手との絆も深まります。

臨機応変に感謝を伝えよう

内祝いのお返しの金額相場が分かれば、後は品物を選ぶだけです。多くは日常的に良く使うタオルであったり、焼き菓子などのハズレがないものを選びますが、カタログギフトもいろんな価格帯があるのでそちらも人気があります。親族や目上の方は時折高額なお祝いをして下さることもありますが、この場合は無理のない範囲でお返しをしていきましょう。きっちり高額で返そうとすると逆に失礼になることもあるので、分からないときはそっと家族等に聞いてみるのもおすすめです。新築内祝いの場合は品物で返すより、新居に招いてちょっとした食事会を開くことでお返しをする形をとることも増えてきているので、状況に応じた感謝の伝え方を覚えておきましょう。